家のための子供の床のブランコ

現代のガジェットの出現にもかかわらず、古き良きスイングはまだ子供たちのお気に入りの娯楽です。一方、医師は、この楽しみが子供の神経系と背中の筋肉のための深刻な、そして最も重要な、有用なトレーニングを隠すと主張しています。.

さらに、前庭器は訓練されています。そのため、スイングは楽しいだけでなく、便利です。. この記事では、子供の安全性を最大化するためにスイングを選択する際に注意する必要があること、およびアパートの特性を考慮に入れる必要があることを説明します。.

今日の市場には多種多様なスイングタイプがあります。適切なコストと構成があります。電子スイング、吊り下げ可能なもの、床に置くものなどがあります。スイングも屋内と屋外です。.

主な種類

シティアパートメントの場合

あなたがアパートのためにフロアスイングを購入することに決めたなら、私たちはあなたにいくつかの役に立つヒントを与えるでしょう。何よりも安全です。信頼性と構造強度が最前線になります。スイングはしっかりと立っている必要があり、できれば固定されていて、ブレーキが付いている必要があります.

また、滑り止めパッドは不要ではありません。スイングフレームに注意してください。それは耐久性がなければなりません。バンパーとシートベルトの存在も、特定の製品を購入することを支持する強力な議論になる可能性があります。.

スイングの信頼性を確認したい場合は、信頼できるブランドから製品を購入することをお勧めします。簡単なレビューを行い、市場で実績のある最も優れたブランドを紹介します.

フェヤフロアスイングは床に設置されており、簡単に組み立てることができます。シートは柔らかく、シートベルトが付いています。折りたたむと、このようなスイングは車に簡単に収まり、週末に町から持ち出したり、アパート内で使用したりできます。.

アレンスイングは、若い母親に多様な快適さとサポートを提供します。テーブルを装備しており、スイングとしてだけでなく、クレードルとしても使用できます。.

「アドボール」スイングでは、原則としてシートバックを3つの位置に調整でき、取り外し可能なテーブルもあります。折りたたむと場所を取らず、一般的に使いやすいです。彼らはシートベルトを持っています、しかし、それが多くの印象的な利点を持っているけれども、何人かのユーザーによると、そのような床の揺れはあまり安定していません.

電子

スイングを購入するときは、特定の体重と年齢のカテゴリの赤ちゃん向けに設計されていることを忘れないでください。 0+の記号が付いている製品は、最小のものに適しています。ほとんどの場合、電子フロアスイングが選択されるのは彼らのためです。なぜなら、この年齢では、赤ちゃんはまだ独立してスイングすることができないからです。ほとんどの電子スイングは6ヶ月からの子供に推奨されていることに注意してください.

このようなスイングは、しばしばロッキングセンターと呼ばれます。振動機能だけでなく、落ち着きのない幼児でも落ち着くさまざまなメロディーを備えています。背もたれ調整機能により、年齢の違うお子様にもスイングをご利用いただけます。椅子は赤ちゃんを運ぶのを助けることができます.

エレクトロ・スウィングにも欠点があります。たとえば、専門家によると、子供の日常生活は迷う可能性があります。乗り物酔いで、赤ちゃんはほとんど常に眠りに落ちます。したがって、30分以上子供をそのようなスイングに置くことはお勧めできません。.

また、食後にこのような乗り物を使用することはお勧めしません。赤ちゃんが落ち着きがない場合は、そのような製品の使用もお勧めしません。彼らは彼をさらに緊張させることができるので.

この手法のもう1つの欠点は、電子的であるため、メカニズムに依存することです。その失敗はあなたの床を小物に振らせるでしょう。少なくとも専門のサービスセンターで修理するまでは.

赤ちゃんがバシネットからすぐに成長する可能性があることも言及する価値があります。このようなスイングのトラブルの中には、プラスチックの鋭い臭いがあり、それ自体は環境にやさしいものではありません。.

一時停止

次に、吊り下げられたスイングについて考えます。いくつかの点で、それらはあまり信頼性がありませんが、多くの議論の余地のない利点があります。それらは用途が広く、屋内および屋外での使用に適しています。彼らは多くのスペースをとらず、非常に機動性があり、軽量であり、それは現代のアパートの条件で大きなプラスです.

3歳からの赤ちゃんには、木やプラスチックで作られた吊りブランコが最適です.

そのようなスイングを購入したら、それらを少しいじくり回す準備をしてください-多くの場合、それらは調整されておらず、歪んでいない店から来ているので、それらの配置に対処する必要があります。 4歳未満の子供は、そのような揺れから落ちないように保険をかけなければなりません。また、背もたれが子供を圧迫して不快感を与える可能性があることも忘れないでください。.

木で作られたそのような床のブランコのバージョンは、おそらく最も信頼性があります。プラスチックは壊れやすいため、時間の経過とともに色が失われ、破損しやすくなります。スイングを保持するロープは通常、滑りを防ぐためにしっかりと結ばれています.

そのような分解されたスイングはあなたのアパートの多くのスペースを占有しません、そしてその紛れもない利点はその多様性です。屋内でも屋外でも、路上でお使いいただけます。.

このようなスイングで鋭いコーナーがないことは、安全性の観点からプラスです.

長所と短所

1歳以上のお子様にはフロアスイングをお勧めします。このようなスイングはよりかさばりますが、それでも快適です。あなたの子供部屋にたくさんの空きスペースがあり、向きを変えるための十分なスペースがある場合、それらはあなたに適しています。.

フロアスイングにはさまざまなバリエーションがあります。柔らかいシートとサイド、テーブルを備えた、電気、さまざまな素材でできています:金属またはプラスチック.

大きなプラスは、そのようなスイングが柔らかく、椅子の後ろ、側面、バンパーに良いオーバーレイがあり、さまざまなサスペンションデザインがあることです。このようなスイングでは、子供に潜在的な危険をもたらす可能性のある関節の鋭い角は、通常、柔らかい素材で慎重に覆われています。これは、安全性の点で大きな利点です。.

このようなスイングは安定しています。脚のデザインはよく考えられており、安定した位置を維持するために適切な対策が講じられています。やわらかい要素は油布で装飾されているので、清潔に保つのが簡単です。ただし、これには欠点もあります。このような材料は簡単に破損する可能性があります。.

フロアスイングのデメリットについて詳しく話しましょう。すでに述べたように、その印象的な寸法のために困難が生じる可能性があります。.

スイングには目に見える重さがあり、股間ストラップがないデザインの場合は、近くにいて、スイングのバンパーの下から赤ちゃんが滑り落ちないようにすることをお勧めします。.

選び方

スイングを適切に選択するには、多くの要素の全体をよく理解する必要があります。たとえば、家に置いてある子供用ブランコには、紛れもない利点があります。ストリートブランコとは言えない、一年中使用できます。.

スイングを選択するときは、床のスイングがより安定していることを覚えておいてください。家のどこにでも移動できます。フロアスイングの利点は、きちんと折りたたんでクローゼットに収納できることです。吊り下げられたスイングでは、状況はより複雑になります。完全にねじりを解いて分解する必要があります。.

スイングを選択するときに、部屋のスペースをできるだけ効率的に使用したい場合は、次のオプションが興味深いと思われます。床と吊り下げ式のブランコに加えて、インテリアの観点からより独創的で有利なオプションがあります-家具に組み込まれたブランコ.

通常、このようなスイングは元のロフトベッドにあります。それらのスイングは上層に取り付けられており、それら自体は下層に配置されています。そのようなスイングベッドの「屋根裏部屋」には、通常、寝る場所があります。このようなスイングを選択する主な利点の1つは、スペースの節約の問題です。.

他のタイプのスイングの場合、それらを設置するためにいくらかのスペースを割り当てる必要があります。ここではすべてが考え抜かれ、家具に組み込まれています。スイングは、部屋のベッドを占める上層の下に有機的に配置されています。.

そのようなスイングを選択することを支持する議論は、原則として、子供がそのようなスイングに特に興味を持っているということです。重要なのは、スイングには最も多様なデザインとデザイン機能があります。あなたはあなたの好みに合わせて、そして有機的に子供部屋のデザインのトーンに落ちるような方法でそれらを選ぶことができます、そしてそれはまた重要です.

安全第一

ブランコにさまざまなきしみ音、おもちゃ、ガラガラが装備されていれば、小さな子供はそれを気に入るはずです。そして親にとって、選択の重要な要素の1つは子供の安全です。.

彼の安全を守るために、一部のメーカーはスイングにシートベルトを装備しています。これらのベルトは3点式と5点式です。購入したブランコにそのようなベルトがなく、保護面もない場合は、お子様が転倒する可能性を防ぐために、常にお子様の近くにいることをお勧めします。.

それでは、吊り下げられたスイングの取り付けの問題に触れましょう。開いたフックにロープスイングを取り付けることは、最も危険な方法の1つです。このようなスイングでスイングすると、子供が脱落する可能性があります。留め具が閉じておらず、リングに沿ってスライドするロープが限界を超えてジャンプする可能性があるため.

出入り口に吊り下げ式のブランコを置くことはお勧めしません。これは彼らにとって最善のサポートではありません。アタッチメントポイントが耐えられず、子供が転倒する可能性があります。この配置では、ドアも特に危険です。子供は、揺れるとき、それらを打つことができます.

記載されている危険に加えて、そのようなスイングは他の人と一緒に騒がれています。たとえば、シートを保持する結び目。誤ってほぐしたり、穴に滑り込んだりして、転倒を避けることはできません。.

リングのロープの固定が不十分である疑いがある場合、ロープが脱落するのを防ぐための対策を考えていません。ロープがシートにしっかりと取り付けられていません。そのような購入は控えてください。.

サスペンション付きのスイングを選ぶときは、特に注意して、上記のニュアンスに注意してください.

床のスイングを選択するときは、それらがどれほど安定していて安全であるかをよく見てください。吊り下げられたスイングでは、ロープの品質に注意を向け、その摩耗を観察し、強度と引き裂きの可能性を考慮に入れます。.

シートがロープにどのように取り付けられているかに注目してください。フロアスイングでは、詳細と、それらがどの程度しっかりと固定およびドッキングされているかをよく見てください。緩みやきしみをチェックし、スイングの安定性をよく見てください.

エレクトロ・スウィングを選ぶときは、子供の日常生活を壊す危険を冒すことを忘れないでください。そして、最も重要なことは、覚えておいてください-あなたの子供の安全が最優先されます。.

赤ちゃんに最大の喜びをもたらすスイングの種類を選択してください。赤ちゃんの安全を心配する必要はありません。!

8枚の写真