寒い季節が始まると、多くの人が寝具の更新に忙しくなります。このリストの特別な場所は、ホロイファイバーと呼ばれるフィラーが入った暖かい毛布で占められています。他のオプションと比較して、このタイプの寝具アクセサリーには、あなたが精通しているべき多くの重要な利点があります。.

それは何ですか?

ホロファイバーのすべての利点を理解する前に、この材料が何であるかを理解する必要があります。そもそも、このフィラーは合成不織布タイプに属していると言えます。素材は細い中空繊維をベースにしており、製造工程でらせん状に成形されます。.

素材の主な特徴は、パディングポリエステルの場合のように、作成中にこれらの柔らかい要素が接着に適さないことです。. はんだ付け法を使用してベースを形成します。繊維の接続は、高温の影響下で発生します.

この製造技術のおかげで、この材料は高い強度と安定性の指標を備えています。.

今日、ホロファイバーブランケットはバイヤーの間で非常に人気があります。断熱性に優れているため、寒冷地に最適です。また、毛布はお手入れが簡単で、大切なポイントです。.

ホロファイバーを使用した製品のもう1つの特徴は、合成ベースがアレルギーを引き起こさないことです。. 有害な微生物は材料の内部で成長しません、特に、これは真菌とダニに当てはまります.

長所と短所

すべての現代的な素材と同様に、ホロファイバーには特定の長所と短所があります。. フィラーの利点は次のとおりです。

  • 製品 ホロファイバーを使用すると、簡単に使用できます。
  • 毛布 高レベルの快適さを提供します。
  • 毛穴, 空気で満たされ、材料が「呼吸」できるようにします。
  • 財団 帯電防止特性があります.

また、この素材の利点は幅広い選択肢にあります。メーカーは、さまざまなベッドサイズに合わせて多くのオプションを提供しています.

重要な利点は、材料の環境への配慮です。長期間使用しても、フィラーは汚れず、鮮度を保ちます。.

さらに、ホロファイバーは元の外観と特性を失うことはありません。. 折りたたんでも弾力性と形を保ち、大切な素材です。フィラーは柔らかく風通しが良く、変形しません.

この素材の毛布は大人にも小さな子供にも適していることに注意してください。基礎は赤ちゃんの個々の体温レジームに「適応」し、穏やかで長い睡眠を提供します.

しかし、利点とは別に、注意を払う価値のあるいくつかの欠点もあります。毛布の手入れがどれほど定期的かつ徹底的であっても、時間の経過とともに、素材はその素晴らしさを失います。その結果、製品が重くなり、睡眠中に不快感を引き起こします。.

ホロファイバーを使用したブランケットのもう1つの欠点は、頻繁に洗うと、ファイバーの構造が乱れることです。基本的に、これは間違った温度と「スピン」機能をオンにしたときに起こります。したがって、専門家はインジケーターを40度に設定して「デリケートウォッシュ」モードにすることをお勧めします.

また、製品をドライクリーニングに持ち込まないでください。.

攻撃的なコンポーネントの衝撃は繊維の構造を破壊し、その結果、ブランケットは元の特性を失います.

ビュー

現代のメーカーは、いくつかの基本的なタイプのホロファイバーブランケットを提供しています。製品によって断熱性が異なる場合があります。たとえば、暖かいモデルが最も人気があります。冬の毛布は暖かく保ち、長期間変形しません.

いわゆる超暖かい製品もあります。. これらのモデルの特徴は、最小量の空気が通過する高密度のベースの存在にあります。ほとんどの場合、これらの製品は寒すぎる天候で使用されます。.

オールシーズンの毛布は用途が広いです。. このようなモデルは、暖かい春と寒い冬の両方に理想的です。製品は軽くて風通しが良いですが、同時に睡眠中に完全に熱を保持します。.

メーカーは夏のシーズン向けに設計されたモデルも提供しています。. 薄い毛布は「通気性のある」ベースを持ち、同時に夜は完全に暖かくなります.

ブランケットが互いに異なるもう1つの基準は、フィラーの分布です。最も安いのは、カバーの上部に沿って処理されるキルティングモデルです。資料が不足しているのは、時間の経過とともに1か所で迷子になり始めることです。.

カセットブランケットは最良の選択肢と考えられています。ベースはステッチによって特定のセクションに分割されているため、素材はほぼ永久に所定の位置に留まります。.

もう1つの興味深いオプションは、以前の種に似たカロステップです。違いは、ステッチが表面全体にパターン化されていることです。多くの場合、元の図面は高価なモデルを処理するために使用されます。.

また、毛布のカバーが異なる場合があります。基本的に、これらの目的のために、キャラコやサテンなどの素材が使用されます。.

ポリエステルは優れた性能特性を持っています.

パディングポリエステルとの比較

多くの場合、現代のバイヤーは、合成ウィンタライザーとホロファイバーのどちらのフィラーが優れているかを自問します。この問題を理解するには、両方の材料の性能特性を比較する必要があります。まず、これらのタイプを作成するためにさまざまな方法が使用されていることを思い出してください。ホロファイバー繊維は接着剤を使用せずに接続されていますが、これは合成防寒剤とは言えません.

しかし、現代のメーカーは製造プロセスをわずかに改善しています。多くの場合、ホロファイバーの場合と同じ方法を使用して合成ウィンターライザーを作成します。これは、温度暴露を使用した接続です。このおかげで、材料は寸法安定性と強度を持っています。.

しかし、作成過程でのそのような処理でさ​​え、パディングポリエステルを含むブランケットの長期使用中に塊の出現を防ぐことはできません。. ホールファイバーと比較して、このフィラーを含む製品ははるかに速く変形します。. 繊維が一箇所で混乱し、毛布を元の外観に戻すことはほとんど不可能です。.

ホロファイバーと比較した合成ウィンターライザーのもう1つの欠点は、ソフトベースが「移動」できることです。時間が経つにつれて、繊維はカバーを通って這うことができますが、それはあまり魅力的に見えません.

多くの場合、二流の原材料は、品質に悪影響を与える合成冬毛布を作成するために使用されます. また、この製造方法により、製品の寿命が大幅に短くなります。.

安全性などの基準には特に注意を払う必要があります. ホロファイバーと比較して、合成ウィンターライザーは有毒物質を放出することができます。それは人間の健康にとって危険です。.

同様に重要なパラメータは断熱です. 基本的に、パディングポリエステルの毛布は秋と春のために設計されています。.

ホロファイバー製品は寒い冬に最適です.

寸法(編集)

上記のように、毛布はサイズが異なる場合があります。たとえば、1.5ベッドの製品は1人に最適です。 1.5モデルの名前は、幅150cmに由来しています。.

ホロファイバーが付いた子供用の1.5枚の毛布があることは注目に値します. この場合、サイズは160x205cmです.

ダブルブランケットもバイヤーの間で高い需要があります。現代のモデルの標準サイズは220x220cmです。毛布は非常に印象的なパラメータを持っているので、2人に最適です.

一部のメーカーは195x215cmのサイズのモデルを製造しています。このようなオプションはバイヤーの間であまり需要がなく、販売されることは非常にまれです。.

子供には、110x140cmのホロファイバー付きの毛布を購入する価値があります。これらのオプションは、標準的なベビーベッドに最適です。.

しかし、新生児の場合は、一辺の長さが140cmの正方形の毛布を購入する必要があります.

10代の場合は、標準の1.5枚の毛布を選択できます。.

製品を購入する過程で、あなたはすぐに適切な寝具のセットを決定する必要があります. すべての毛布に付属品がないことは注目に値します。そのため、標準サイズのモデルを選択することをお勧めします。.

選び方?

ホロファイバー付きの毛布を選ぶときは、いくつかの重要な機能に注意を払う必要があります。まず、モデルのサイズを決定します。ソフト製品はベッドのパラメータと完全に一致する必要があることに注意してください。.

次の同様に重要な基準は、断熱特性です。. どのような毛布があなたに最適かを事前に決めておきます。たとえば、睡眠中に寒さを感じることが多い場合は、冬のオプションを選択するのが最善です。適切なオプションを決定できない場合は、オールシーズンの毛布を選択してください。.

フィラーの分布の種類にも注意してください. 上記のように、カセットモデルは最高品質で最も耐久性があります。これらのオプションのコストを少し高くしますが、製品の信頼性には完全に自信があります。.

購入の過程で、毛布を洗う必要があることを忘れないでください。.

洗浄に使用できる化合物を事前に知っておく. しかし、一般的に、合成繊維は洗濯に適していて、乾燥中に変形しません。.

毛布は決してアイロンをかけるべきではないことに注意してください。. 高温にさらされると、合成繊維の構造に悪影響を及ぼします.

さらに、ホロファイバー付きの毛布をすでに購入しているカスタマーレビューは、高品質の製品を購入するのに役立ちます。消費者は、信頼できる評判の良いメーカーのオプションを優先することをお勧めします。この場合、あなたは間違いなく製品の高品質を確信するでしょう。.

専門家は、通気性のあるベースの毛布を選ぶことをお勧めします。製品は少なくとも月に1回は換気する必要があることに注意してください。洗濯機は半年に一度必要です。重要なポイントは、製品のデザインです。毛布は魅力的な外観を持っている必要があります。ベースに欠陥がないか確認し、継ぎ目の均一性に注意してください。フィラーが生地から出てはいけません.

詳細については、以下を参照してください.