多くの家では、屋根裏部屋はめったに使われないものを保管するだけではありません。彼らはそこで休んだり、働いたり、住んだりします。特定の用途に関係なく、上部、つまり十分に準備された階段への快適で安全なアクセスを確保することが非常に重要です.

脚立、テーブル、その他のアタッチメントを下から使用することはあまり実用的ではありません。屋根裏部屋のハッチに固定された階段を使用する方がはるかに正確です。また、自分の手で作るのも難しくありません。.

特殊性

一般的にすべての屋根裏階段について話す場合、それらは3つの主要なタイプに分けられます。

  • 静止している(動きの影響を受けない);
  • モバイル;
  • 折りたたみ.

最初のタイプの構造は最も安定していますが、かなりの領域を占めています。移動するものは、通路の邪魔にならないように、常に便利な場所に運ぶ必要があります。したがって、最良のオプションは、いつでも削除される正確に折りたたまれた構造と見なすことができます。折りたたむと、特に探しない限り気づきにくいです。. 必須の機能は、構造にハッチを追加することです。このハッチでは、階段が「非表示」になり、このハッチが発生します。

  • 水平(天井に設置);
  • マンサード(屋根に追加でつながる、技術的に難しい);

  • 垂直(そうでなければ、そのようなモデルはマンホールと呼ばれます);
  • コントロール(非常に小さく、部屋を検査でき、スペースをほとんど取りません).

ハッチのサイズの選択では、階段の寸法を考慮に入れる必要があります。そうでなければ、それらを使用することははるかに困難になります。そしてもちろん、屋根裏部屋への入り口は断熱されている必要があります。そうしないと、上部に結露が蓄積し、最強の材料でさえすぐに破壊される可能性があります。.

梁や垂木、天井の状態などに湿気が悪い.

経験豊富なビルダーによると、最も実用的な断熱材は押出ポリスチレンフォームです。この材料を100mm配置するだけで十分であり、熱保護が完全に保証されます。.

ビュー

2階につながるはしごを折りたたむには追加の要件があります。したがって、安全性を保証するために3mを超える構造を作成することは望ましくありません。長年の経験から判断すると、構造物の最適な幅は0.6〜1 mの範囲であり、推奨される階段のフライトは600〜650mmです。これらの比率に基づいて、最大15のステップを作成することをお勧めします。各ステップの高さは、最大0.2mにする必要があります。.

屋根裏部屋につながる階段は、60度以上70度以下の角度でのみ傾けることができます。スライドは完全に許容できないため、各ステップは慎重にチェックされます。また、床との厳密な平行度からの逸脱もあります。マンホールの蓋については、一枚の木から作るか、半分から作るかはユーザー次第です。 2番目のオプションは、開口部が広い場合、重い部分を完全に持ち上げることができないため、より合理的です。.

住宅所有者は常に別の燃える問題に直面しています-自分で構造を作るか購入するか。必要な資金があれば、既製の構造物を購入する方が簡単ですが、それでも自分の手で階段を作ろうとする必要がある場合があります。.

ハッチの材質を事前に理解しておくことは非常に重要です。ほとんどの場合、階段と同じ木材または同じ金属を使用しています。. 梁や垂木に触れないように配置する必要があります(また、梁との接触が許容される場合は、いかなる場合でも垂木と接触しないようにする必要があります). 作業の前に、正確な図面や図を作成する必要があります。ハッチのサイズは、曲がったり、天井にひびが入ったり、冷気が家に侵入したりしないように、開口部のサイズに応じて厳密に選択されています。断熱カバーを使用して、リビングルームを暖房のない屋根裏部屋から分離します.

ヒントとコツ

専門家は、屋根裏部屋の内側からの測定から始めることをお勧めします-これは最も便利なアプローチです。ドリルで周囲に穴を開け、電動ジグソーパズルでカットします。準備されたハッチを試着する必要があります。事前に、追加の要素なしで1つのフレームを残します。この形で、開口部に取り付けられ、製品がぴったりとフィットするかどうかがわかります。よくできたものは傷のない穴をあけます、すべてが正しければ、あなたはラッチを取り付けてそれで結果をチェックすることができます.

ハッチを取り付けて固定するときは、一緒に作業することをお勧めします。アクションは上から実行されます。.

穴に固定されたハッチにはアッパーバーが付いています。この作業を終えた後、彼らは部屋から下のバーを取り付け、天井に構造全体を固定します。次に、ふたを取り付けて注意深く確認します。最初に小さな負荷をかけ、次に徐々に大きくします。.

屋根裏部屋の入り口を飾るかどうかは、誰もが自分で決めます。天井に合った素材を使えば、ハッチを隠して邪魔にならないようにすることができます。金属製品は通常塗装されています.

断熱材を強化することで熱損失を減らすことができます。それを備えたハッチの場合、幅2.5〜3 cmのストリップが取られ、長方形のフレームに接続されます(長さと幅の開口部より4〜5 cm下). フレームは、次の方法で周囲を覆う必要があります。

  • 木で作られた旋盤;
  • ファイバーボード;
  • 合板.

防湿膜の上に熱保護層が作られています。ミネラルウール、発泡スチロールは断熱材として最もよく使用されますが、他の多くのロールおよびプレート構造を取ることができます.

それらをフレームに固定するには、接着剤を使用し、さらに片側をボードで、もう一方をファイバーボードまたは合板で保持します。断熱ハッチにはヒンジが装備されており、同様のヒンジが天井に配置されています。構造物を設置するための開口部は、プラットフォームで覆われています.

まだ固定階段を選ぶ人もいますが、その中には独自の内部部門があります。まっすぐに向けられているものもあれば、回転しているものもあります。また、「ガチョウ足行進」を備えたネジ構造や装置もあります。共通の特徴は、あらゆる種類の固定はしごが、多くの空きスペースがある場合にのみ適していることです。住宅所有者が最高の信頼性と最長の寿命を望んでいるなら、これは理想的です。.

折りたたみはしごは、折りたたみ、延長(断面)、はさみの3つの主要なグループに分けられます。彼らが屋根裏部屋に行くことがめったにない場合、または十分なスペースがない場合、それらのそれぞれはそれ自体を正当化します。はさみの構成は路面電車のコレクターやアコーディオンに似ており、折りたたむとバネとの関連を呼び起こします。付属の構造物に関しては、最も安いオプションが配置されているのはそれらの中にあります-脚立.

唯一の問題は、それを使用するのは安全ではないということですが、屋根裏部屋にたまにしか行かなくてよい場合、この欠点はそれほど重大ではありません。.

資料(編集)

階段を作るとき、あなたは使うことができます:

  • 木材;
  • 鋼;

  • ポリマーおよび複合材料;
  • いくつかのオプションの組み合わせ.

製品がどれだけ集中的に使用されるか、その構成がどうなるかを考慮して、材料の最終的な選択を行う必要があります。個々のソリューションのコストの違いは、複数であっても非常に重要になる可能性があるため、重要な機能もそれほど重要ではありません。.

階段の外観のデザインと周囲の内部との互換性に注意を払う価値があります。特に、デバイスが静止していて、隠したり隠したりできない場合は注意が必要です。.

家に高齢者や小さな子供がいる場合、安全性と持続可能性への配慮が最初になります。そのような場合は、手すりで階段を補強することをお勧めします。.

次のビデオでは、屋根裏の折りたたみ式はしごを自分で作る方法を学びます。.

iphonevideorecorder.com
mgcool.cc
deadmansbones.net
fearlesslycreativemammas.com
thefunky-monkey.com
openssi.org