インテリアパテは、あらゆるタイプの住宅、工業、公共施設の仕上げに広く使用されています。材料はあなたがあらゆる好みと予算のために混合物を選ぶことを可能にする膨大な品揃えで提示されます.

予定

現代の建設市場では、目的と適用場所が異なるいくつかのタイプの混合物があります。.

レベリング

この材料は、粗いレリーフコーティングの開始に使用されます。それは、粗く分散した介在物と、混合物を厚い層に塗布する必要性によって区別されます。このタイプのフィラーを使用すると、深い穴、欠け、乾式壁のシート間の継ぎ目、大きな亀裂、高さの違いを取り除くことができます。混合物はいくつかの層で石膏に適用され、その全体の厚さは最大1.5cmになる可能性があります.

パテは7mmのレベルまで表面の変形と湾曲を排除することができます。パテベースは粗い構造であり、仕上げ液でさらに仕上げることができます.

仕上げ

この材料は、さらに装飾的なコーティングを施した、前仕上げの層を適用するために使用されます。混合物はきめが細かく、プラスチックです。これにより、完全に滑らかな表面を実現できます。. モルタルは、厚さ0.5〜2mmの乾燥した粗い層に塗布する必要があります.

ユニバーサル

この混合物は中程度の粒子構造を持ち、開始と終了の両方に使用されます。この材料は、問題のある基板を効果的に水平にします。タイルの接合部、セルフタッピング溝およびチップを排除するために使用できます. このソリューションは、実装のどの段階でも壁や天井を仕上げるために使用されます。.

リリースフォーム

充填剤は、乾燥した形とすぐに使用できる形の両方で入手できます。乾燥製剤には、一定量の水を加えて完全に混合する自己調製が必要です。. 粉末状の材料の利点は次のとおりです。

  • 低価格;
  • 現時点で必要な混合物の量の希釈;
  • 開梱されたパッケージでの長い貯蔵寿命。
  • パテを任意の温度で保管する機能.

不利な点は、既製の溶液の迅速な設定とそれ以上の使用の不可能性、ならびに希釈中の正確な比率の必要性を含みます。そうしないと、混合物はその性能特性を失い、充填は期待される結果をもたらさないでしょう。.

既製の製剤は完全に使用可能です -水でさらに希釈する必要はありません。混合物の利点は、その高い弾力性と壁や床の表面への容易な適用です。

溶液は開いた瓶に長期間保存できますが、主な条件は温度レジームに準拠し、蓋をしっかりと閉めることです。欠点は、材料の高価格です.

構成

ベースバインダーの種類に応じて、内部作業用のパテはいくつかの種類に分けられます.

セメント

このタイプは耐久性に優れています。加熱されていない、湿った、通気された生産エリアで使用できます。多くの場合、石膏、石灰、ポリマーがセメント混合物に添加されます。これにより、材料に追加の可塑性が与えられ、モルタルの乾燥時間が短縮されます。.

セメントフィラーは、石、レンガ、漆喰、コンクリートの下地の仕上げに使用できます。低コストで硬化期間が長いため、組成物が瞬時に凝固することを恐れず、落ち着いて仕上げ欠陥を修正することができます。セメント混合物の不利な点は、粗粒構造、ならびに乾燥プロセス中の収縮および亀裂の可能性を含む。.

石膏

パテは微細構造の乾燥混合物です, これには、次の形式の添加剤が含まれます。

  • ポリマー添加剤;
  • ミネラルフィラー;
  • 砂;
  • 大理石のチップ.

石膏に基づいて、仕上げ、開始、およびユニバーサルパテが製造され、石膏ボード、亀裂、および小さな亀裂のタイル間接合部を仕上げるのに便利であり、壁の予備レベリングを実行し、天井。素材は絶対に安全なので、住宅や公共の場での使用をお勧めします.

石膏で形成された表面は接着性が高く、あらゆる種類の装飾コーティングと組み合わせて使用​​できます。石膏パテは、壁が「呼吸」する能力を持っているおかげで、優れた換気特性を持っています。これはカビやカビの出現を防ぎます.

このタイプの利点は、室内の自然の空気湿度を維持し、快適な微気候を作り出す材料の能力です。.

また、他の種類のパテ組成物と比較して石膏混合物の消費量が少なく、乾燥後の表面の収縮やひび割れがありません。.

石膏パテの欠点は次のとおりです。

  • 非常に速い設定。
  • 機械的ストレスに対する低い耐性;
  • 吸湿性が高く、湿度の高い部屋では使用できません。.

石膏はコンクリート基板への接着性が低いため、仕上げ時にそのような表面には追加のプライミングが必要です。.

ポリマー

この素材には、ラテックスまたはアクリルの裏地が付いています。乾燥すると、滑らかで均一な層を形成します. ポリマー入りのパテは、以下に適用するために使用されます。

  • 結石;
  • レンガ;
  • 漆喰;
  • 石膏ボードの表面.

この混合物は、屋内の小さな壁の欠陥を除去するため、および「暖かい床」システムのスクリードを修理するために広く使用されています。.

アクリル組成物は、コンクリートや発泡体の作業に適しています。ポリマー表面は、粉砕が容易で、収縮せず、崩れず、極端な温度や熱衝撃に対する優れた耐性を備えています。.

接着率が高く、ベースへの塗布性に優れているため、補修・施工の経験がない方でも自己補修に使用できます。材料は有毒な成分を含まず、住宅の敷地内で使用することができます.

欠点には、溶液の硬化時間が短いことと、パテのコストが高いことが含まれます。組成物は複数の層に塗布する必要があり、各層の厚さは1mmを超えてはなりません。これにより、乾燥中に形成された表面にひびが入るのを防ぐことができます。.

接着剤

この資料には次のものが含まれます。

  • のり;
  • チョーク;
  • 乾性油.

混合物は非常に弾力性があります。塗装前のプレフィニッシュ仕上げとして適しています。.

オイルグルーパテは接着剤の一種です。石膏、水、乾性油、可塑剤が含まれています。溶液はよく塗布され、ベースの凹凸を完全に取り除き、完全に滑らかな表面を形成します.

材料の組成には、乾性油、チョーク、および乾燥とフィルム形成のプロセスを加速する物質(乾燥機)が含まれます。このパテは柔軟性があり、霜や湿気に強いため、窓枠、ドア、床、窓枠などの木材表面の仕上げに適しています。.

インテリア作業用のパテの有能な選択は、完全に平らな表面を形成するのに役立ち、装飾コーティングを適用するためのベースを準備することができます.

通常の建築材料から耐久性のあるパテを作る方法についてもっと学びます。.

iphonevideorecorder.com
mgcool.cc
deadmansbones.net
fearlesslycreativemammas.com
thefunky-monkey.com
openssi.org