デザイン機能

キッチンとリビングルームを組み合わせることは、最近では目新しいことではありません。広々とした3部屋のアパートやカントリーハウスの所有者のためのそのような組み合わせのアイデアは、好みの好みを具体化し、スペースをさらに自由で移動しやすいものにしたいという願望です。キッチンエリアが約6平方メートルの旧基金の小さなアパートの場合、キッチンと隣接する大きな部屋の組み合わせが、モダンな機能を備えた広々としたキッチンを手に入れる唯一の方法です。.

2つの部屋を1つにまとめると、次のような多くの利点があります。

  • その結果、大きくて広々とした明るい部屋が1つでき、自由な動きが可能になります。
  • 伝統的な家族のお祝いやゲストを迎えるためのより多くのスペースがあります。
  • テーブルの設置や汚れた食器の収集のプロセスは簡素化されていますが、キッチンエリアでは常に完璧な秩序と清潔さを維持する必要があります。
  • 食事を準備すると同時に、赤ちゃんや年配の家族の世話をすることがはるかに便利になります。
  • スタイリッシュで機能的な部屋の斬新さと快適な生活環境は、多くのポジティブな感情をもたらします.

有能なレイアウトは、キッチンとリビングスペースの組み合わせから生じる欠点を簡単に最小化および排除します。他の家族の邪魔になる台所の臭いや家電製品の騒音の広がりを排除するために、調理エリアの上に強力なサイレント排気システムを設置し、食品の保管と調理に最も静かな家電製品を使用する必要があります.

キッチンと組み合わせた後、リビングルームは家の中央の部屋のままにして、家族の休日やゲストを受け入れることを目的としています。キッチンとリビングルームをモダンなスタイルで配置するためのさまざまなインテリアオプションは、壁の装飾によって決まります。同時に、壁の素材は環境に優しく、異臭を吸収せず、ほこりを集めないことが非常に重要です。.

リビングルームの壁をベネチアン漆喰、芸術的な絵画、ファブリック構造を模倣したデザイナーの壁紙の接着、竹、葦、その他の天然素材で処理することで、インテリアに独占性を加えることができます.

リビングルームの壁を、写真の大きな華やかな要素など、明るすぎる素材で小さな領域で装飾しないでください。ここでは、暖かさと快適さの雰囲気を作り出す控えめな光のモチーフがより受け入れられます。.

8枚の写真

淡い色合いの小さなパターンで壁紙で壁を飾る、鏡の使用と家具の変形は、壁と天井の境界を視覚的に拡大し、小さなアパートのスペースを拡大するのに役立ちます.

短い寄木細工または長い木の板は理想的な床の敷物です。このような床は見た目が美しく、保温性があり、特別なメンテナンスは必要ありません。予算の選択肢として、設置が簡単なラミネートフロアを使用できます。.

キッチンとリビングルームをモダンなものに配置するときは、結果として生じるスペースに家具を詰め込みすぎないようにする必要があります。ダイニンググループには少なくとも5平方メートルが割り当てられ、部屋の入り口の反対側に配置されるとよいでしょう。大きな家具の間を快適に移動するには、少なくとも80cmの距離が必要です。.

リビングルームのスタイルを統一するために、専門家はさまざまな家庭用テキスタイルの使用を推奨しています。天然糸で作られたカーペット、家具のカバー、毛布、枕などです。優雅な置物、絵画、興味深い燭台も、家の快適さの雰囲気を作り出すのに貢献しています.

機能ゾーンに正しく分割されたキッチンリビングルームのスペースは、各部屋の本来の目的を維持するのに役立ちます。

ゾーニング

キッチンとリビングルームをゾーンに分割する最も一般的な方法は、天井、床、壁にさまざまなテクスチャの仕上げ材を使用することです。美しく持続可能なマルチレベル天井の多様なデザインは、スペースを区切るための多くのオプションを可能にします。天井の高さ、イルミネーションゾーンや家具の配色を変えることで、スタジオマンションのユニークなデザインを演出できます.

調理エリアに焦点を当てると、より明るいライトの列を吊り下げた状態で、キッチンの上に低い天井を配置できます。シーティングエリアは、シーリングライトまたは落ち着いたライトで床と壁のライトで照らすことができます。天井の高い部屋のインテリアの排他性は、珍しい幾何学とビルトインライトを備えた吊り下げられた構造によって与えることができます.

リビングエリアの天井の中央は、自由空間の視覚効果を得るために、空を模倣したパターンでミラーリングまたは装飾することができます.

さまざまなタイプのフローリングを使用したゾーニングは、最も一般的な方法の1つと見なされています。たとえば、キッチンの床は、耐食性のセラミックタイルや磁器の石器で作ることができます。リビングエリアの床は寄木細工の床、ラミネート、またはカーペットでできている必要があります。ゾーニング効果を得るには、大きくて長いパイルの天然繊維の敷物が適しています。.

スプリットレベルのフロアは、天井の高い部屋で機能の異なるゾーンの仕切りとして使用できます。表彰台の平面、たとえば料理と食事のエリアへの配置、およびレクリエーションエリアの下面への配置は許容されます。水道管や下水道を隠す機能は、キッチンの表彰台に実用性を追加します.

機能領域の区切りは、壁を使用して行うことができます。キッチンでは、壁は毎日の掃除に適した伝統的なタイルまたはプラスチックパネルで仕上げることをお勧めします。リビングルームの壁の表面は、壁紙、白塗り、漆喰、またはその他の適切な仕上げで貼り付けることができます。.

さらに、結合されたスペースの幅を維持するために、デザイナーは、キッチンとリビングルームの壁に同様の配色または理想的には色を一致させる仕上げ材を使用することをお勧めします.

それでも、ゾーンの境界を視覚的にはっきりと輪郭を描きたい場合は、対照的な壁の装飾を適用して、さまざまな色、スタイル、素材の家具を配置できます。たとえば、スチールやプラスチックのキッチン表面の冷たい輝きと、天然木やリビングルームの生地の温かみのあるビロードのような感触を対比してください。.

ゾーニングに配置された家具を使用した結果、興味深い解決策が得られます。取り外された壁の代わりに、島を大きなスライド式ダイニングテーブルの形で配置し、快適なダイニングエリアを形成することが論理的です。.

スペースを視覚的に区切るには、細長いまたは角張った大型の柔らかいソファが最適です。理想的な選択は、キッチンの臭いや脂っこい水しぶきの吸収を最小限に抑えるために、実用的で、掃除が簡単で、マーキングのない素材で装飾されたソファです。.

ガラスホルダー、ワイングラス用のサスペンション、上部の追加照明を備えたバーカウンターは、条件付きの境界線として見事に見えます。小さなスタイリッシュなキッチンでは、ダイニングテーブルの代わりにバーカウンターを使用できます。バーの下部は、装飾的な石のパネルまたはセラミックタイルを使用してキッチンの壁の一部として装飾することができます.

キッチンエリアの雑然としたものを詮索好きな目から隠すために、配置された棚、屏風、天然素材で作られた可動式の仕切り、装飾的な生地が貢献しています。広々としたお部屋では、織り方や糸の太さが異なるモスリンのカーテンがロマンチックに見え、ダイニングエリアとレクリエーションエリアを隔てています。.

さまざまな建築要素も、スペースを機能ゾーンに分割するのに役立ちます。水族館、柱、支柱、巻き毛の出入り口、アーチが組み込まれた、破壊された壁の残りの部分です。.

さまざまなモダンスタイル

ゾーンの機能は異なりますが、共有スペースの内部は統一された方法で設計する必要があります。組み合わせた空間を仕上げるには、同じ配色の素材を優先する必要があります。家具を選ぶときは、色合いや質感が一致する表面や室内装飾品の使用に注意してください.

自然との一体感を示すアールヌーボー様式の哲学は、リビングルームのデザインに植物と木のモチーフを使用することを含みます。植物は、それ自体で、布の壁紙、装飾パネルにパターンの形で存在することができます。アールヌーボー様式は、花の装飾品で飾られた非対称カットのカーテンによって明確に強調されています。天井は通常白で、漆喰で覆われているか、塗装されています。可能な床のオプションは、寄木細工の床のヘリンボーン敷設または天然石のカットの形のパターンを持つスラブの使用です。.

ミニマリズムスタイルは、壁や天井の室内装飾にもっと注意を払い、いくつかの家具にはあまり注意を払わないことを意味します。したがって、仕上がりはほぼ完璧になります。壁と天井の装飾は、1つの全体を形成し、3つ以下の明るいパステルカラーを組み合わせる必要があります。床はセルフレベリングまたはコルクをお勧めします。手ごろな価格のオプションは、ラミネートフローリングを可能にします.

居間や台所用品に必要最小限の非常に機能的な家具のセットは、ハンドルや付属品に焦点を当てるのではなく、厳密な形にする必要があります.

モダンな解釈のキッチンリビングルームのクラシックバージョンは、広々とした部屋で有機的に見えます。このオプションは、多くの場合、邸宅の所有者によって選択されます。インテリアは必然的にアーチ、柱、ポータル、暖炉を含み、ベージュ、明るい天然木、白と金の組み合わせの色合いを使用しています。天井は白い漆喰で飾られています。壁は大きな透かし彫りをモチーフにしたファブリックベースの壁紙で仕上げられています。クラシックなスタイルのインテリアは、ドアに必須のガラスインサートが付いた木製家具を使用しています.

最高のデザインの例

今日のキッチン-リビングルームのデザインの現代的なトレンドは、装飾的なロフトになっています。このスタイルは、キッチンとダイニングエリアの壁の装飾に露出したレンガとコンクリートを積極的に使用し、大量のプラスチックとガラスの照明器具と組み合わせています。床は木の板または磨かれたコンクリートスラブにすることができます.

天井の梁もそのままにしておくことができます。ロフトスタイルでは、さまざまなワイヤーやパイプが見えるようにしておきます。ざらざらした風合いの天然木で作られた家具、銅、真ちゅう、革で作られた装飾的な要素は、このスタイルによく合います。.